■文化財建造物の保存修理に関する研究及び調査、講演会、講習会などの開催

文化財建造物保存修理研究会

刊行物のご紹介

文化財建造物研究 保存と修理 2017年 Vol.2

文化財建造物研究 保存と修理 2017年 Vol.2

出版日: 2017年3月

型 式:A4判 128ページ

目次

特集

国宝 正倉院正倉の平成修理に伴う調査報告 ­‐修理履歴を中心に‐・・・1
春日井 道彦

研究発表会 報告

国宝 旧富岡製糸場西置繭所の保存と活用 ­‐産業遺産としての価値の維持と大胆な活用の両立を目指して‐・・・16
岡野 雅枝

国登録有形文化財 真宗大谷派高田別院 ­‐大門及び塀の保存修理について‐・・・20
中村 文美・梅田 太一・北 茂紀

調査研究論文

シャトーカミヤの煉瓦躯体に施されていた修理・・・33
今関 俊

木造建築遺産の修理方針に関する日欧の比較検討 後編 ­‐日本の修理事例の分析‐・・・46
マルティネス アレハンドロ

養源院の建築 ­‐元和再建後の伽藍の変遷と遺溝の評価‐・・・68
中村 伸夫

修理最前線

重要文化財 輪王寺本堂(三佛堂) ­‐建立当初の土朱塗について‐・・・90
原田 正彦

重要文化財 護徳寺観音堂 -軒廻りの納め方と「留先法」について-・・・93
伊奈 仁

寄 稿

文化財建造物保存修理研究会が発足して・・・99
佐々木 正峰・船戸 輝久

現場ワークショップ参加レポート

第3回現場ワークショップ(梅小路機関車庫)に参加して -鉄筋コンクリート造建造物における保存修理-・・・103
前田 恵輔

第4回現場ワークショップ(シャトーカミヤ旧醸造場施設)に参加して -学生から見た保存修理実践の場の議論-・・・105
川﨑 香織

第5回現場ワークショップ(播磨屋本店皇三重ノ塔新築工事)に参加して -伝統構法による木造三重塔の新築-・・・110
生田 光晴

研究会レポート・・・115