■文化財建造物の保存修理に関する研究及び調査、講演会、講習会などの開催

文化財建造物保存修理研究会

研究発表会等のご案内

第2回研究発表会への非会員の参加 受付終了。

第2回文化財建造物保存修理研究会研究発表会への参加申し込みは、締め切らせていただきます。

ご案内

11月12日(土)に開催予定の「第2回研究発表会」への参加は会員に限定していましたが、若干席に余裕がでる見込みとなりましたので、会員以外の方にも参加いただくこととしました。(非会員の参加費用は、2,000円となります。)
参加申込は、「申込フォーム」に必要事項を記入の上お申し込みください。その際には、「会員種別欄」の「賛助会員(個人)」にチェックをいれて「会員番号欄」に「000000」(6ケタ)を記載してください。また、情報交換会への参加される方は、「メッセージ欄」に「情報交換会参加」と記載してください。
参加いただけることが決定した方には、後日、参加案内をメール送信します。

開催日時

2016年11月12日(土)10時~16時(予定)

開催場所

東京文化財研究所 セミナー室(地下1F)
東京都台東区上野公園13-43

参加者

会員のみの募集となります。(若干席に余裕がでる見込みとなりましたので、会員以外の方にも参加いただくこととしました。)

募集人員

100名

参加費

会員の参加費は無料です。非会員の参加費用は、2,000円です。
(情報交換会参加者は別途3,000円を頂戴します。)
情報交換会参加希望の方はメールフォームのメッセージ欄に情報交換会参加希望と入力してください。

内容

- 次 第 - 
10:00 開会(挨拶等)
10:15-11:45 調査報告 
「国宝正倉院正倉の平成修理について」(仮)
 公益財団法人文化財建造物保存技術協会 常務理事  安田 一男
     同       事業部史跡整備設計課長  春日井道彦
   
11:45-13:00 [昼食]
   
13:00-14:30 特別講演  
「コンクリート造建造物の保存と修理」
① 「重要文化財 梅小路機関車庫の修理事業
-コンクリートの劣化対策とオリジナル部材の保存-」
西日本旅客鉄道大阪工事事務所京都建築工事所副所長  中西 哲也
② 「コンクリートの中性化対策の黎明
         -重要文化財 梅小路機関車庫の昭和20年代-」
国立研究開発法人建築研究所建築生産研究グループ長  長谷川直司
   
   (14:30-14:45 休憩)
   
14:45-16:00 研究発表 
① 「国宝旧富岡製糸場西置繭所の保存と活用
-産業遺産としての価値の維持と大胆な活用の両立を目指して-」   
富岡市世界遺産部富岡製糸場保全課保存活用係長  岡野 雅枝
② 登録有形文化財 真宗大谷派高田別院大門及び塀の保存修理について」   
もば建築文化研究所   梅田太一・中村文美
   
16:00-17:00 [情報交換会]

主催等

主催 文化財建造物保存修理研究会

お問合せ先

TEL 03-6806-8975
mail info@hozon-syuri-kenkyukai.jp

開催場所地図